【備忘録】慢性リンパ性白血病経過観察記録

慢性リンパ性白血病と診断されてからの検査治療の経過を
日記形式で記録しています。

確定していないのですが、先生の話し方だとほぼ決定かなと思います。
2024年の春ごろには病名が確定するかもしれません。

自分自身が忘れないための備忘録でこれから慢性リンパ性白血病の経過の
記録を続けます。

スポンサーリンク

2023年11月

【11月27日】

血液検査の白血球の数値に異常が認められて
血液内科の診察を受ける。

確定検査はしていないが慢性リンパ性白血病だと診断されるが
しばらく経過観察をする予定

なぜ慢性リンパ性白血病と診断されたのか

2023年中に2か月ごとに血液検査をしていたので
白血球・赤血球・血小板などの数値の変化で判断されたようです。

もう少し詳しい血液検査などは2024年2月から始まります。
その検査結果で病名が決定されると思います。

今は白血病の症状は出ていません。

2023年12月

【12月1日~12月31日】

体調の変化はありません。
運動は続けています。

1日30分以上の早歩き
雨の日で外を歩けないときは
大型ショッピングセンター内を歩く。

食べ物は野菜中心と毎日魚を1品つける。
塩分控えめ
糖分を控える

慢性リンパ性白血病には運動や食事療法が良いのかわかりませんが
心筋梗塞で入院していたときに教わった食事・運動を
実行しています。

体調の変化はありません。
体重の変化もありません。

2024年1月

1月1日】

お正月なので散歩なしで食事も不規則でした。
体重の変化はありません。
体調の変化もありません。

【1月9日】

1日30分の早歩きは今日から開始
食事も規則正しい食生活に戻る

体重の変化はありません。
体調の変化もありません。

【1月10日】

30分の早歩き
10分の足ふみ

体重の変化はありません。
体調の変化もありません。

【1月29日】

血液検査
白血球数が前回より上昇しました。
赤血球数は前回と同じです。
血小板数は前回より減少しました。
(まだ治療が必要な数値ではありません)

今回の受信は循環器内科のため白血病の確定なのかわかりません。
血液内科の先生からの連絡で慢性リンパ性白血病の可能性がありと
カルテに書いてありました。

2024年2月

【2月5日】

血液内科で血液検査
白血球数が前回より少し増加
血小板数は少し増加

骨髄の検査をしていないので100%ではないが
慢性リンパ性白血病らしい

次回は4月の診察予定

このままの状態で終わることもあるが
1年後に症状が出て治療になることもあるそうです。

どうなるかわからない病気
急性と違って慢性なので進行はゆっくりだということ

スポンサーリンク
おすすめの記事